Ikuko Oyama
Beets Life わたしたちが人間らしく生きるために
Beets Life わたしたちが人間らしく生きるために

Beets Life わたしたちが人間らしく生きるために

Nobody no there 夜明けの湾仔

It’s my life   It’s old HK

cropped-df4a60e3-9422-4cb1-8887-7834279e47fe.jpg

Be easy but lives tough

この季節の夜明けが好きだ

わたしはこのところ夜が明ける前に起き

晴れる日は朝日を見るのを欠かさない

一瞬の空のかがやき

夕陽とちがい朝焼けのいのちは短い

まだ少し寒さの残る香港での短い生活

みんなの顔もわたし自身も

抑圧された気分を感じたことはほとんどなかった

武漢の騒ぎが起き、狭い香港は厳戒態勢

と言っても一人一人が自分を守るという意味での厳戒態勢

彼らは過去にSARSやMERS(コロナウィルスの一種)の痛い洗礼をうけている

それでも普通のことはふつうにこなす

自分を守る

もちろん人様に迷惑はかけない

そして人を責めない

香港で過ごした冬はノーマルな世界に思えた

 
佐敦の裏通にある想い出

冬の海辺もいいですよ

心配だな、カメラのメモリ足りるかな
きっと足りないよ ちょっと見せて ハイキングでしょ? 本気?

こんどシルバーマインズに行きたいな

Doragon’s back , 通称 龍の背から見る香港のニュータウン

ちょうど昨年の今ごろわたしは香港に長滞在していた

何を思ったか日本を出発する直前に香港の山を登ろうとふと思い立った

実は香港と言うと100万ドルの夜景をはじめとするビクトリアハーバーの海の景色のイメージが強いが、少し電車やバスに乗って遠出すると、とても豊かな自然が息づいている

そしてがっちりした岩盤が多い地域なのでほぼ地震はない

この日、季節としてはこんなに山の上の空が透き通った青空になるのはとても珍しいことだと同行してくれたロイは言っていた

「わたし、完璧でしょ」

まるで空の色と合わせたかのような真っ青なスポーツTシャツを着たわたしはうそぶいた

それは彼が私の年齢をドンピシャに言い当てたからだ

彼らはお世辞は言わない

でも嬉しいときは全身で表現する

つまりハグをする 

わたしのような年寄りにさえ

そんな日はもう来ないとわかっている

日本に帰ってからロイと喧嘩になった

と言ってもメールのやりとりで

でも最後には丸く収めた

いいよ 

どうしても予定をかえられないなら

お金 払うよ

でもそれって変じゃない?

年寄りだからいいけどね、

Hahaha  friends , I know you are so  pure

Because I  see the truth in your eyes, never mind

香港生まれの香港育ちのロイだが

厳格なスコットランド人のお父さんと

おおらかなニュージーランド人のお母さんとの間で育ったという

だから時々じぶんが何人かわからなくなるらしい

でもビジネスとなるとディベート部の大学生のようになる

そのときはいかにも欧米人

5月に会うはずだった

それが叶わず10月に会うはずだった

彼はもう香港にはいないかもしれない

生まれ故郷をあとにするのはどんな思いだろう

学生生活を過ごしたオーストラリアよりも

寄宿舎生活を送ったスコットランドよりも

大好きな香港を…

わたしも時々何人かわからなくなる

でもそれは日本にいて、ふつうに生活しているときに限る

Be easy but lives tough

It’s beets life

What’s up?

ゴールドコーストホテルの部屋のテラスは広かった ここへ何しに来たかと思いながらシャッターを切っていた 人気のないリゾートもいいよと言ってたけれど後味のわるい悪態をついてしまった

2020年8月4日, 5:25am

August 2020,

Web magazine 「Beets Life」配信の予定でしたが10月からとなりました

On September 12(sat), 13(sun) / 2020,

北海道 札幌市においてアートを中心とした野外イベントを開催

ノーマルじゃない今をノーマルに生きるための

ささやかな抵抗

迷走する日本へ ——

投稿を表示

Scroll UpScroll Up
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Web magazine BEETS LIFE